腹水の主な原因

お腹に水が溜まってしまう「腹水」。
これは非常に辛いもので、周りのひとの助けが必ず必要です。
腹水になってしまう主な原因を紹介します。

肝硬変

肝硬変を患うと肝臓の入口で血液がスムーズに流れなくなります。
すると血管内から成分が漏れ、それが腹水になってしまいます。

また肝臓で生成しているアルブミンというたんぱく質があります。
アルブミンには余分な水分を血管に引き込む役割がありますが、肝硬変を患っているとアルブミンが不足します。
すると腹水やむくみなどの元になる水分を、血管内に引き込む力が弱くなり腹水が溜まってしまうのです。

肝硬変の場合、腹水が溜まりやすい条件が二つも揃うので、多くの場合腹水が溜まってしまうということになります。

癌などによる腹膜炎

腹水が溜まる原因として腹膜炎があります。
腹水を排出・吸収する腹膜が炎症を起こし、コントロールができなくなります。
また、腹膜炎自体による腹水増加もあります。

腹水を排出できない原因

腹水はまず血管内に引き込まれます。
そして血流にのり腎臓へと運ばれます。
腎臓で余計な水分は膀胱へと送られます。
そして尿となって体外へ排出されます。

腹水が溜まってしまう人は、この最初の「血管内に引き込む」という力が弱っています。
だから溜まってしまうんですね。

腹水の原因:まとめ

基本的に病を患った症状として腹水が溜まります。
溜まるということは排出できないということを意味します。
つまり腹水が溜まる原因は、腹水を排出できない原因と同じということですね。
アルブミンの不足が大きく関係しているということです。

このページの先頭へ