腹水とは一体どのようなものでしょうか?

お腹には「腹腔(ふくくう)」と呼ばれる部分があります。
腹腔とは簡単にいうと臓器と臓器の間の部分で「腹膜(ふくまく)」で囲まれています。

腹腔には、臓器と臓器の摩擦を減らしそれぞれの臓器が円滑に動くように、水分が溜まっています。
それが腹水(ふくすい)です。

健康な人でも通常30~50mlの腹水が溜まっています。
臓器の摩擦を抑える潤滑油のような働きをしているんですね。
ただ、一般的に腹水と言えば「なんらかの原因で増えてしまった腹水」を指す場合が多いと思います。

病気等による腹水量の増加

腹水は健康な人でもある程度は存在していますが、これがなんらかの病気等で異常に増えてしまうことがあります。
通常は腹膜によって少しずつ排出・吸収を繰り返していますが、排出よりも吸収が少なくなると腹水は溜まってしまいます。

この状態が一般的に「腹水」と呼ぶ状態です。

腹水が溜まると多くの弊害が起きてしまいます。
理由は腹水によって臓器が圧迫されるからなんですね。

腹水によっておきる症状と原因

腹水が異常に溜まってくると、様々な症状がでてきます。
胃や腸・肺などを圧迫するからです。

冷え・倦怠感・排泄排便の低下・食欲低下・呼吸困難・お腹の張り・足のむくみ・気力の低下…

原因は大きく「アルブミンが減少している」ことと「腹膜が炎症を起こしている」ことです。
アルブミンが減少する原因としては、肝硬変などがあげられます。
腹膜が炎症を起こす原因として、癌などがあげられます。

特に肝硬変は腹水が溜まりやすい状況を作ってしまい、実際に肝硬変のほとんどの人が腹水に悩まされています。

腹水とは:まとめ

腹水は通常誰にでもあるものですが、一般的には何らかの原因で異常に増えてしまうことを指します。
生活に支障をきたす多くの症状が出てしまい、なおかつ根本的な治療法もないのが実情です。

このページの先頭へ